(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

練習試合予定

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/06/17 (Sun) 19:46:17
練習試合の予定をお知らせします。

 6月20日(水)  大阪偕星学園高校  15:00頃  開始予定

 寝屋川公園第二球場で行います。

 ( http://neyagawa.osaka-park.or.jp/access )

 ( 寝屋川市寝屋川公園1707 )

 となっています。

 なお、当日3年生は13時まで校外学習です。
 また相手校は授業終了後移動されてから試合となります。
 試合開始時間は多少前後するかもしれません。

よろしくお願いします。

予定

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/06/17 (Sun) 19:39:09
予定をお知らせします。

 6月18日(月) 前期中間考査につき全体練習なし
 6月19日(火) 考査終了後校内にて練習/メンバー発表
 6月20日(水) 朝・昼休み・放課後校内にて練習/校外にて練習試合
 6月21日(木) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 6月22日(金) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 6月23日(土) 校外にて練習試合
 6月24日(日) 校外にて練習試合

 となっています。

 前期中間考査期間でしたのでチームとしての活動はありませんでした。
 今週はメンバー発表と抽選会です。
 そして週末には大学生との練習試合があります。
 本校では大学生との試合は4試合目。
 パワーで勝負にならなければ違う方法を選択していく必要があります。
 自分たちの野球がどれだけ通用するのか。
 数年後の進路選択のきっかけにもなってくれれば嬉しく思います。

 さて先週は2件の取材がありました。
 色々と話していると、自分の頭の中が整理されていきます。
 話していると気づくこともたくさんあります。
 アウトプットの大切を感じる時間でした。
 私は私学との試合ではよく「どんな公立が嫌か」を聞きます。
 せっかく試合だけをして終わるのはもったいないと考え
 相手の監督によく質問します。
 今回取材でも、多くの高校のチームや指導者、
 プロ野球とも話をされている方でしたので、
 逆取材として今回は2つの質問を私からぶつけました。
 一つは「強いチームの共通点」。
 もう一つは「強いチームを作る指導者の共通点」でした。
 いい答えをもらいました。

 ギブ&ギブの精神。発信型と受信型の違い。
 してあげたいから、してあげる・・・という純粋な思いが大切。
 ギブ&テイクになると、結果的に自分のためにどうギブするのか
 という発想になりがち。
 それで思うようにならないで愚痴になる。
 利益があるのなら手伝いましょう。
 給料がいいのなら働きましょうという「見返りがあるなら行う」という行為は、
 あの高校に入れば甲子園に行ける。
 あの高校に入ればいい大学には入れる、という考え方と同じ。
 この会社を大きくしたいとか、何かを残したいとか、
 その為に「俺に何ができるのか」という視点が欲しい。
 「発信型」と「受信型」のどちらで生きるのか。
 発信型は「ギブ」であり、今の自分に何ができるのか考えて
 行動し、作り出そうとするタイプ。
 受信型は他にきっかけを求め、指示を待つ「テイク」タイプ。
 受信が強いと失敗すれば人のせいにする。
 だから起こった問題に対峙できない。
 発信型は失敗すると何がいけなかったのかを自発的にフィードバックする。
 そして自分だけでは解けない問題であれば、人に教えを請うこともするし
 自分なりに工夫もする。
 育てる側も育つ側も関係なく発信型であることは大切である
 といえることかと思います。

 さて考査が終了します。
 まとめに入ります。まとめる内容もはっきりしています。
 しっかり考え方を揃えていきます。
 同じ実力同士なら野球は考え方で勝敗が決定することは
 春季大会で学んできました。
 そして多くの高校で実力にそれほど大差はないでしょう。
 最後の考え方を揃えられるかどうか・・・かなり重要です。
 
 頑張ったからうまくいった。ではなく、
 うまくいくように頑張った。です。
 高度な試行錯誤を求めます。

お知らせ

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/06/15 (Fri) 12:05:17
お知らせします。

 本日本校OBの沢田誠氏(35期生)からボール5ダースと
 捕手用レガースの寄贈がありました。
 大切に使わせていただきます。

本当にありがとうございました。

質問

  • 他県野球部指導者
  • 2018/06/08 (Fri) 10:29:36
突然の連絡申し訳ありません。
大阪桐蔭高校戦はどのように攻め、どのように守ったのですか?
なぜあれだけ盗塁できたのですか?
よければ教えてください。

他県野球部指導者様

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/06/09 (Sat) 15:23:19
書き込みありがとうございます。

どういう方針、プランでゲームに入ったのかはここには書けません。
申し訳ありません。
直接学校か携帯に連絡してください。

ただプレーするのは選手。
選手が戦いやすいようにデータを集めました。
走攻守においてチームの方針をしっかり伝えてその練習を
いくつか行いました。
試合前のミーティングは選手の迷いを消すためにやるのも
目的の一つかと思います。

質問

  • 他県野球部指導者
  • 2018/06/11 (Mon) 10:53:03
http://blog.livedoor.jp/masakinokaruta_/archives/1071527433.html
ここで試合の様子を見させてもらいました。
この試合はあまり機動力を使われていないようですが
何か意図や狙いがあったのでしょうか?

他県野球部指導者様

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/06/11 (Mon) 19:54:18
書き込みありがとうございます。
公認野球規則によると
各チームは、相手チームより多くの得点を記録して、勝つことを目的とする。とあります。
つまり9回終了時点で相手よりも1点でも多く点を
取っている状態であることを目指しています。

目の前の一つのプレーも9回終了時点で勝っているために
どのプレーを選択するべきか…ということになります。
戦術の選択もその場の成功より、9回の成功を目指しています。
私は試合の見立てをたてて予想される失点からプレーを選択します。
合わせて次の試合が予想される対戦校のスカウティングの有無も考慮します。
おいておくものと使うもの。
見せるものと隠すもの。
その辺りを考慮しています。

予定

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/06/10 (Sun) 20:15:56
予定をお知らせします。

 6月11日(月) 考査1週間前につき全体練習なし
 6月12日(火) 考査1週間前につき全体練習なし
 6月13日(水) 前期中間考査につき全体練習なし
 6月14日(木) 前期中間考査につき全体練習なし
 6月15日(金) 前期中間考査につき全体練習なし
 6月16日(土) 前期中間考査につき全体練習なし
 6月17日(日) 前期中間考査につき全体練習なし

 となっています。

 4日(月)~6日(水)からの強豪校シリーズは最終日が天候不良で
 中止となり大阪の私学との連戦のみとなりました。
 疲労が溜まった状態でのセンバツ21世紀枠での出場校
 膳所高校(滋賀)との試合を楽しみにしていましたが、
 実現できませんでした。
 月曜と火曜の試合では全部で15盗塁。
 火曜の試合では10盗塁を成功させることができました。
 夏に向けて大きな武器が完成に向かっています。
 いいポイントをしっかり見てそれへの対応が身についてきました。
 この試合をもって考査期間です。
 考査期間中にメンバー登録。
 考査終了後の金曜には夏の抽選会になりました。
 いよいよ近づいてきましたが、
 まだまだここから学んでほしいことがあります。
 最後の1か月だからこそ身につけなければならない考え方があります。
 考査終了後からそれに取り組みます。
 そして抽選会前最後の試合は南大阪の強豪校大阪偕星学園です。
 夏にむけて確認する最良の相手との試合を楽しみにしています。

 最後の1か月に身につけるべき考え方を間違えると
 夏に結果を出すことができないことは明らか。
 この部分だけは必ず修得してもらいます。
 先日の連戦での対戦校の指導者の方と
 夏への取り組みについて話をしました。
 そのチームは毎年夏にむけて強化練習に入るそうです。
 本校は現状として考査期間に入るので強化練習はできません。
 私はできないからではなく、強化練習をしません。
 高校野球界で一般化されているこの時期の強化練習が
 意味のあるものかどうか…自分は全く説明できません。
 厳しい練習はどの時期も必要でしょう。
 その学校の指導者の方は強化練習の最大の目標はけがをしないこと。
 結局指導者の自己満足かも。逆に落とすほうがいいのでは…。
 そんなことを言っていました。
 どちらが正しいとか間違っているとかはわかりません。
 チームによっても違うし、その年のメンバーによっても違うでしょう。
 今年はこれで行く。自分たちの取り組みの正しさを証明する。
 自分たちはこれが部活動の目的なので、目的に到達するだけです。
 
 本気で夏の大会を勝ち上がるためには、
 全力疾走とか技術ではない取り組みでナンバーワンになる。
 他校にこの部分を負けてはいけないと思っていました。
 でも最近考えることがあります。
 それは上を目指す上で最低限のこと。
 今後はいかに徹底できるか。
 しかしこの部分はまだまだ足りていません。
 これを完成させなければ夏は勝てません。

 そしてそれを完成さるためには自分が主体的に考え動くこと。
 公立はこれがなくては勝負にならない。
 部活動は先生の願望を実現する場所ではない。
 みんなが成長する場所。
 だから野球もドライブと一緒でまず行き先を甲子園にしたいかどうか
 自分たちで決めてほしい。
 その次にルートと所要時間を調べる。
 強豪校は静岡から富士山に向かうルートだけれど
 自分たちの実力では鹿児島県から出発するようなもの。
 その差を埋めるにはどうすればいいか諦めずに考え
 自ら知恵を出していく。
 それこそが勝負の楽しさだと思います。

 中学時代それほど試合出場機会に恵まれず
 高校から投手を始めた2年生が大阪桐蔭高校戦で
 3イニングを無失点にする。
 そこに野球の楽しさがあり、高校野球の夢がつまっている。

 技術も大切。考え方も大切。
 でも最後はそこに主体的な心があるかどうか。
 チームの主役は監督ではなく間違いなく選手・マネージャーです。

 12日(火)はベースボールマガジン社の取材で
 スポーツライターさんが来校されます。
 今年も大会前に発売される夏の大会の展望号はカラーになりそうです。
 14日(木)はyahooニュースの記者が来校され
 「THE PAGE](https://thepage.jp/)で特集してくださるそうです。
 その取材もテスト期間で
 練習の様子を見ていただくことができないのが残念です。
 しかし本校の取り組みや頑張りを見ていただくいい機会です。
 発売日や記事になる日は改めて連絡します。
 その他にもテレビ局とスポーツ新聞の取材が予定されています。 
 楽しみしていてください。

お知らせ

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/06/06 (Wed) 12:38:54
お知らせします。

 本日予定されていました膳所高校(滋賀)との練習試合は
 天候不良のため中止になりました。

よろしくお願いします。

予定

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/06/03 (Sun) 20:11:25
予定をお知らせします。

 6月 4日(月) 午後校外にて練習試合/午後校外にて練習試合
 6月 5日(火) 午後校外にて練習試合
 6月 6日(水) 朝・昼休み校内にて練習・放課後校外にて練習試合
 6月 7日(木) 考査1週間前につき全体練習なし
 6月 8日(金) 考査1週間前につき全体練習なし
 6月 9日(土) 考査1週間前につき全体練習なし
 6月10日(日) 考査1週間前につき全体練習なし

 となっています。

 昨日、本日と学園祭でした。
 私は3年の学年主任ですので演劇の審査員でした。
 全てのクラスの演劇を鑑賞しました。
 感想は・・・すばらしい!
 野球部は裏方でも俳優でも大活躍でした。
 少し笑えるシーンでは常に大活躍でした。
 マネージャー3名も素晴らしい女優でした。
 生徒にとって高校生活は野球だけではない。
 当たり前なそんなことを改めて実感しました。
 素晴らしい表情で素晴らしい演劇でした。
 残念なことは他の学年は一切見られなかったこと。
 それぞれの場所で活躍していてくれたと思います。
 「高校生活」全体で成長する・・・勉強させてもらいました。
 
 学園祭2日間を終えて明日から代休です。
 明日は午前中に都市対抗野球の予選を見に行く予定です。
 必ず学びがある社会人野球。明日が楽しみです。
 代休が開けると考査期間。
 そしてメンバー発表。
 厳しい時期がついに来ました。
 目をそらさずに対峙します。
 
 さて6月は学園祭や考査の関係で3週間週末が使えません。
 そんな状況でも8日間の試合を組むことができました。
 それも近年の甲子園出場校と3校。
 大学生とも試合させていただきます。
 夏に向けての重要な試合になりそうです。

 明日は学園祭からどれだけ切り替えられたのか。
 表情に注目してみます。

無題

  • 寝屋川市民
  • 2018/06/01 (Fri) 20:46:01
http://blog.livedoor.jp/masakinokaruta_/archives/1071394651.html

寝屋川高校の試合を見つけました。夏も近づいてきています。楽しみにしています。

寝屋川市民様

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/06/03 (Sun) 08:09:07
いつもありがとうございます。
色々な方に観戦いただいているのは嬉しいことです。

なかなか壮絶な試合だったのでよく覚えています。
寝屋川高校は公式戦での壮絶な試合が昔からよくあります。

伸びしろ

  • 寝屋高野球部応援団
  • E-mail
  • 2018/06/01 (Fri) 01:30:12
日々の業務、部活動 大変お疲れ様です。僭越ながら参考にと思うことがあり書かせて頂きました。
広瀬 寛氏(元トヨタ監督・捕手ご出身)のNHK放送の解説は選手にとって参考になると思います。
と思うのは、実際に球場でプレーしている選手の立場で話されている点です。
「今、自分が打者席にいるなら次、次々の球をこう読みます。」
「今、この捕手ならこう配球します。」と自身の考えをそのまま話されます。
シンプルな単語で話も平易=数秒の間合いしかない打席またはバッテリーとしての思考方法に有益と思いました。
ちなみに昨夏の全国大会 仙台育英ー大阪桐蔭戦も広瀬氏でした。今春のセンバツも数試合解説されてました。
生徒各人、忙しい中ですが 時間を盗み、英会話レッスンのように何回か見て・聞いてすると究極の場面でもう一人の自分が出てきて感じてくれる、そんな感覚でしょうか。
伸びしろは十分にある。 そのしろは具体的にどの部分?
打つスキルは素振り・ティー・フリーで高めては行けますが、実際試合で相手の配球をある程度 感度良くすれば、打つスキルそのものが発揮しやすくなります。当たり前の話ですがそこまで行きついている選手・チームはどれだけあるのか。取り組めるキャパ力はあると思う。
基礎土台の上の部分を伸ばしていく時期ですし、その伸ばせるキャパはあると思います。伸びしろを伸ばしてほしい。

寝屋高野球部応援団様

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/06/01 (Fri) 07:21:35
ありがとうございます。

広瀬寛氏の解説、一度調べてみたいと思います。
現チームの後半は「不動心」をスローガンにここまでやってきました。
それは技術発揮能力を高めることを目的としてきました。
その部分が不足していての敗戦はここまでたくさん
経験してきました。
書き込んでいただいているように、心、準備、データなどを
駆使して技術発揮能力を高める取り組みも忘れずに継続していきます。

引き続きご声援よろしくお願いします。

練習試合予定

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/05/30 (Wed) 09:41:28
練習試合の予定をお知らせします。

 6月6日(水)  膳所高校(滋賀)  18:00頃 開始予定

 皇子山球場で行います。

 ( http://otsukoen.org/ojiballpark )

 ( 大津市御陵町4-1 )

 となっています。

 なお、試合開始時間は移動状況やその他の都合で前後するかもしれません。

よろしくお願いします。