(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

予定

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2021/05/02 (Sun) 19:24:21
予定をお知らせします。 

 5月3日(月) 全体練習なし
 5月4日(火) 全体練習なし
 5月5日(水) 全体練習なし
 5月6日(木) 全体練習なし
 5月7日(金) 全体練習なし
 5月8日(土) 全体練習なし
 5月9日(日) 全体練習なし

 となっています。

 活動禁止期間中ですのでチームとして報告することはありません。
 チームには3学年ともにラインにて連絡を取っているところです。
 この期間があったからこそ、夏の結果が出たといえるように
 なってほしいという願いのみです。

 まずはチームとしての広報活動。
 まだ続きますがこの期間中に
 現在活動されていてボーイズ、シニア、ヤングの
 各チームに顔を出すことが許されるチームに挨拶させといただくと共に
 寝屋川高校を希望してくれている選手や保護者の方に様々な
 説明をさせていただいているところです。
 それぞれのチームに特徴があって多くの学びをいただいています。
 またあるチームに挨拶にいくと私の前に大阪の私学からお一人、
 私の後にも大阪の私学からお一人の方が来られていました。
 負けてられない…という思いを強く持った次第です。
 また他のチームでは10数人の保護者の方を前に説明させていただき、
 その後に寝屋川高校を希望されている複数の方とお話させていただきました。 
 本校の野球部が頑張っていることを
 少しずつ認知していただけてきたようで
 希望されている方からの連絡をたくさんいただくようになりました。
 皆さん、文武両道で野球も頑張りたいという本校の特色を
 ご理解いただいているようです。
 この流れをさらに加速させるべく
 今やらないといけないことと今しかできないことを
 実践していきます。

 皆さんは指導者に怒られた時にどんな会話をしていましたか。
 「なんで…したんだ!!」
 そう言われたら私はその時の新庄を伝えずに
 何を言ったら怒られないか。
 こう言ったら少しは指導者の怒りも少しはマシになるか。
 そんな感覚で答えていました。
 例えば…
 「なぜ見逃し三振したんだ?」
 との指導に対してこんなことを言えば怒られないとの思いから
 実際とは違う「アウトコースのストレートを待っていました」
 などという少しでもカッコいい、
 それっぽい答えをして太ということです。。
 指導者の立場になって考えてみると
 生徒がこう答えると、これに対する会話が始まります。
 でも生徒は事実ではないことを答えているので、
 それ以降の会話は全く意味のない無駄なものになります。
 特に寝屋川高校では18時完全下校なので
 無駄にできる時間は一切ありません。
 極端な話、事実なら「ぼーっとしていました」と言ってくれれば
 それに対するアドバイスをする。
 これが「正しい指導」であるのですがほとんどの高校で
 この正しい指導ができていないのではないでしょうか。
 「正しい会話」のためには「普通の会話」が必要不可欠です。
 では選手と指導者が「普通の会話」ができるようになるには
 何が必要で、何が不要なのか。
 これを考えなければなりません。
 「先生、先生のよりこっちの方がいいと思います。」
 そんな会話ができないと18時完全下校の高校は勝てない。
 そのために、一般的な高校野球の指導者と生徒の会話を
 超えるものにならないといけない。
 そんな話も新入生には伝えさせてもらいました。

 生徒から監督にサインが飛んでくる寝屋川高校野球部は
 他とはひと味違うのですが、その準備を活動再開後から
 全力で取り組んでもらいます。

 春は完敗だった分、生徒65名+指導者6名の71名の
 本当のチームでやり返します。

硬式野球部個別説明会

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2021/04/29 (Thu) 08:43:52
GWがスタートしました。本校の硬式野球部は活動禁止中です。
様々な状況を鑑みると、
中学生や保護者の皆さんもある意味で自分で使える時間が
増えているのではないでしょうか。
先日もご家族とお会いさせていただき、
間もなく始まる中間テストと受験生としての
モチベーションアップに繋がり、喜んでいただけたようです。

これまで多くの方に野球部のgmailにの問い合わせをいただき、
直接お会いして様々な説明をさせていただきました。
現段階での学年や学力は一切問いません。
どなたでも構いませんので
お問い合わせいただきますようお願い申し上げます

--------------------------------------------------------

お知らせします。

 寝屋川高校硬式野球部は現在春季大会中であり
 大会終了後から5月11日まで府教育庁の指示により活動中止になります。
 例年以上にこの時期に連絡をとりやすくなりそうです。

 そこで練習見学は叶いませんが、
 中学生対象の野球部説明会を様々な方法で個別に実施します。
 ぜひご参加ください。お待ちしております。


 野球部個別説明会日程 平日休日など随時(メールにて日程調整)


 練習見学ができなくとも施設の見学や
 学校のこと、野球部のことや入試に関する説明をさせていただきます。
 一般的にはまだ本格的にスタートしていない「受験生」に向けた
 フライングスタートとして入試制度の説明が
 これからの勉強のやり方の理解やモチベーションアップに
 つながるはずです。
 ご希望の方は
 寝屋川高校硬式野球部アドレス
 neyagawa.hs.bbc@gmail.com まで
 「希望の日程」
 「来校される全ての方のお名前」
 「中学校名(所属していればチーム名)」
 をお書きの上、保護者の方からメールしてください。
 
 またコロナウイルス感染拡大の状況やその他により
 直前に中止させていただくことがあるかもしれません。
 ご了承ください。

 寝屋川高校に勝利を目指す者が集まって、
 国公立大学を目指しながら皆で甲子園で勝てる
 本当の文武両道のチームを作りませんか?
 公立高校でもやれるということを共に証明していきましょう。 

 それでは未来の寝屋高生に会えるのを楽しみにしております。

よろしくお願いします。

予定

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2021/04/25 (Sun) 20:28:15
予定をお知らせします。 

 4月26日(月) 全体練習なし
 4月27日(火) 全体練習なし
 4月28日(水) 全体練習なし
 4月29日(木) 全体練習なし
 4月30日(金) 全体練習なし
 5月 1日(土) 全体練習なし
 5月 2日(日) 全体練習なし

 となっています。

 春季大会は完敗でした。
 5回コールド負けはあまり経験がありません。
 こちらが狙ったことを実行できるレベルまでは上げてこないと
 このレベルでは試合にならないことを体感しました。
 指導力不足を痛感し、試合までの岡田監督との交流や
 試合後の岡田監督と多田部長との会話で色々と気づかされました。
 数年前の夏の準々決勝と今回の違い。
 秋の山田高校との試合のこと。
 甲子園決勝での現ヤクルトスワローズ奥川投手との試合のことなど。
 それらには間違いない共通点があり
 これらを実行できるかどうかが公立と私立との差のような気がします。
 そしてこの試合までの寝屋川高校のこととして
 試合前から走塁を意識してくれていたようで、
 試合中も意識してくれているのがわかりました。
 その中でも盗塁は完全に決められました。
 ツーストライクで結果的打者がスイングしたので
 ファールになったものもありましたが
 その中でも盗塁を決めることができました。
 完璧なスタートばかりでしたので、着眼点を間違えなければ
 どのチームからでも盗塁できるという
 この武器は間違いなくチームの財産になっています。
 私学からでも走れる方法に間違いないことだけは確認できました。
 試合中に感じたことと大会でありながら相手校指導者の方との
 会話で学んだことを今後に活かすことが重要かと思います。
 プロジェクトを発信して最初の大会は悲しい結果でしたが
 プロジェクト達成への物語としては面白いスタートになったと
 よくわからない内容でとりあえず自分を納得させておきます…。
 それでも自分たちがやるべきことだけは確認できました。
 
 当初は5月5日までの活動自粛と聞いていましたが、
 11日まで延長されました。
 春季大会の敗戦もありますので4月26日から5月11日まで
 チーム全体としての活動はありません。
 ベンチ入りメンバーや先発での出場をめざしたい選手、
 そしてこれから寝屋川野球を学ばなければならない1年生、
 選手と一緒に戦うマネージャーにとってGWの連戦が
 なくなったのは非常に厳しい状況です。
 それでも時間は経過し夏は近づきますのでできる範囲の
 準備をしたいところです。
 緊急事態宣言の主旨を考えると学校の指導者が
 「公園などで…」と体を動かすことを指示するのも難しい状況ですので
 準備の内容もよく考えていこうと思います。
 
 実は3年生の選手は19人ですが
 ベンチ入りメンバー20人の枠に対して春季大会では3年生一人が
 ベンチから外れました。
 厳しい選択でしたがこれまでの結果を考えた上での指導者の決定です。
 その一人の選手は毎日朝練よりも早く登校して練習するのを
 ずっと継続しています。
 履正社戦の当日、寝屋川高校からのバスでの移動でしたので
 出発前に体を動かす選手もいましたが、
 大会当日の朝の練習でさえも最も早く練習が始まったのはその選手。
 そんな選手にとってはこれから結果を示せる場所が減って
 厳しいのは間違いないですが、それは春季大会を勝ち上がっても同じ。
 それでも夏をめざす方法を各選手の立場に応じて
 模索する必要がありそうです。
 それでも彼の努力が実り、その輪がさらに大きく広がるのを
 期待しています。

 先週、新入部員ミーティングを実施し
 正式に3学年65人のチームが歩き出しました。
 1年生の自己紹介、指導者からの話、寝屋川野球の考え方などを
 伝えて76期生の高校野球がスタートしました。
 その後の練習でもこれからどういうスピード感や雰囲気で
 練習しなければならないかを体感できたと思います。
 「勝てるチーム」になるために何をするべきかを常に意識して
 行動してもらいたいと思います。

 さて、これから部活動の自粛期間に入ります。
 この期間に関係なく監督としての仕事の一部に
 ①次の夏の大会への準備
 ②1.2年生のスタートになる秋の大会への準備
 ③次の世代の強化
 があります。
 この期間もそれぞれ考えて行動していきます。
 ③でいいますと、今週三組の寝屋川高校への進学を考えている方と
 お会いさせていただき、様々か説明をさせていただきます。
 他にもご希望の方は週末含めて私自身が動きやすくなりました。
 下にある個別説明会の書き込みをお読みいただき、
 遠慮なく(neyagawa.hs.bbc@gmail.com)までメールしてください。
 中学の中間テストまでお話しさせていただけると
 受験の面ではお役に立てると思います。

春季大会2回戦結果

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2021/04/25 (Sun) 12:40:08
春季大会2回戦の試合結果をお知らせします。

 寝屋川
 000 00|0
 181 4X|14
 履正社

 5回参考ノーヒットノーランで敗戦です。
 走塁で全体の1%ほど爪痕を残しましたが、
 もちろん試合には影響なし。

 力のないチームより力のあるチームの方が対戦相手について
 たくさんの情報を持って試合に入っていることも含めて完敗でした。

 部活動再開が許される状況になった時からやり直します。

よろしくお願いします。

予定

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2021/04/18 (Sun) 21:49:32
予定をお知らせします。 

 4月19日(月) 校内にて練習
 4月20日(火) 校内にて練習
 4月21日(水) 全体練習なし
 4月22日(木) 校内にて練習
 4月23日(金) 校内にて練習
 4月24日(土) 校内にて練習
 4月25日(日) 校外にて試合

 となっています。

 以前お伝えしたとおり、
 時間的制限の中で練習させてもらっています。
 活動させてもらっているだけでもありがたいことですが
 これから先もどうなるかは非常に不透明でもありますので
 活動できるときに集中しながら取り組んでいきます。
 そしてこんな状況だからこそできることもあると思いますので
 そんなことにも取り組んでいきたいと思います。

 まずは先日告知した「個別説明会」の件です。
 先日お伝えしたばかりではありますが、
 早速問い合わせをいただいております。
 「掲示板を拝見し、連絡いたしました」から始まるメールは
 とてもありがたく、掲示板も多くの方に見ていただいていることを
 改めて確認できるメールでした。
 現在、掲示板・twitter・instagramの3つで
 情報発信させていただいてますがそれぞれで少しずつ違う目的を
 意識しながら運営しています。
 どうぞ覗いてみてください。
 
 まずは新入生です。
 16日(金)までが1年生対象の仮入部期間でした。
 仮入部期間も終了しましたのでどこのクラブも
 新入部員が確定することでしょう。
 野球部の新入部員も間もなく確定しますので、
 確定後に改めてお伝えします。
 1月にtwitterで告知した
 「大阪の公立高校が計画を立て実行することで
 『たまたま』ではなく『狙って』甲子園出場をめざす」
 プロジェクトの計画の一つが部員確保に関するものです。
 現3年生は100回大会の結果を見て入部してきました。
 私もいくつかのチームに挨拶に行き、広報活動を行ったのは
 事実ではありますが、試合結果もあってたまたま集まった選手です。
 これではダメで、継続して強いチームを作ることができない。
 そう思って始めたのがこのプロジェクトです。
 2020年5月頃から様々な形で広報活動を行ってきましたので
 それらの成果としてどれだけの部員が集まるのかは非常に楽しみです。
 人数・質などはどういうものなのかをしっかり検証して
 来年度の広報活動にさらに活かしていき
 プロジェクト2期生との交流をこれから始めていきます。

 後は大会に向けての取り組みです。
 改めて1週間の時間をいただきましたので再調整に入ります。
 同じ技術レベルなら平常心でプレーする選手と
 心乱れながらプレーする選手は
 どちらのパフォーマンスが優れているか。
 この質問には誰でも平常心の選手…と答えるでしょう。
 当然です。
 でも自分がプレーしていれば分かっていてもそれができない。
 そこが面白いですね。
 野球は間のスポーツ。
 相手を困らせたいと考えているチームが
 自分たちに困っているようでは勝負にならない。
 メンタルの強い選手というのは心が動かない選手だけではなく
 動いた心をすぐに戻せる選手。
 動いた自分を客観的に見ることができる選手など様々です。
 相手の心を動かしたいのなら、自分は不動心で冷静にありながら
 相手の心の状態を見抜かなければならない。
 そんな話もこれから少しずつ出していきながら最終的な夏に向けて
 チームを完成に向かわせる必要があります。

 今週から3学年の野球部が始まります。
 寝屋川の野球を全く知らない人たちに伝えること、
 自分たちで理解できていなくて伝えられないことは
 無理して伝えるのではなく、「確認してくる」
 そんな言葉を後輩に素直に言える部員であってほしい。
 どんな先輩が好きで、
 どんな先輩を信頼しているのか。
 74期生3年生の勝負は夏でありますが、
 75期生2年生の勝負は新入部員との出会いから始まります。
 これからの2年生の力に期待しています。

お知らせ

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2021/04/17 (Sat) 07:59:21
お知らせします。

 本日予定されていました履正社高校との春季大会2回戦は
 天候不良のため中止となりました。
 日程は24日以降になります。

よろしくお願いします。

お知らせ

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2021/04/15 (Thu) 18:42:55
お知らせします。

 以下抜粋。

 令和3年4月15日(木)から令和3年5月5日までの
 教育活動については、以下のとおり実施するものとする。

 <中略>

 部活動
 ・原則禁止とする。
 ・ただし、十分な感染症対策が講じられていている公式な大会や
 コンクール等については主催者による感染症対策を確認の上、
 参加することも差し支えない。
 参加にあたっては、学校においても十分な感染症対策を講じること。
 なお、上記大会等への参加に向けて、学校が必要と判断し、活動を行う場合には、以下を遵守すること。
 ①活動内容等を精選し、短時間(平日1時間程度、休日2~3時間程度)
  での活動とし、最小限にとどめること。
 ②練習試合や合同練習については禁止とする。

 以上の通達がありました。
 そこで、春季大会は参加し終了後5月5日までは
 硬式野球部としての活動は行わないこととします。

よろしくお願いします。

予定

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2021/04/11 (Sun) 19:00:30
予定をお知らせします。 

 4月12日(月) 朝・放課後校内にて練習
 4月13日(火) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 4月14日(水) 全体練習なし
 4月15日(木) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 4月16日(金) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 4月17日(土) 2回戦 vs履正社高校
 4月18日(日) 校外にて練習試合

 となっています。

 新学期がスタートしました。
 学校は76期生を迎え入れ令和3年度がスタート。
 先日は部活動オリエンテーションもあり、
 野球部は全クラブの中で1番目にクラブ紹介。
 マネージャーの説明は伝えるべきことをしっかり伝え、
 選手はよくわからない?ネタをステージ上で披露してくれました。
 体育館のフロアの上から動画を撮影させてもらいましたが
 素晴らしいものでした。

 私学との練習試合が続きさすが私学!
 という力のある学校との試合でしたが
 その中でも色々と気づきがありました。

 1つ目は相手校の指導者の方に初めてお会いする方がおられました。
 ご自身は中学、高校、大学と野球の名門チームを出られていて
 今日の指導の様子を見ていても熱血で素晴らしい方で
 会話させてもらう時の表情や雰囲気も素晴らしくて
 お若いながらもこちらが学ばせてもらうほど。
 そんな方に「お気づきのことはなかったですか?」と質問させてもらうと
 「寝屋川高校さんの走塁のことは色々な人から聞いています。」
 とのこと。
 いくつかのプレーのことも会話しましたが、
 寝屋川野球は十分認知してもらっているようで、
 今後は認知されてるが故にチームとしての活用法の幅を
 増やしていく必要があると考えています。
 時としては見せないことすらも試合の中では必要か…と考えています。

 2つ目は部員獲得。リクルートの話。
 先週から3校の私学との対戦の中で私学の部員数の話になりました。
 1年生が30人、50人、60人とのこと。
 リクルートに関して公立は私立と戦うことを
 放棄すらしているように思えてきます。
 まずはここ。公立の中ではトップにならないといけない。
 こういう状況でも寝屋川高校で野球をやりたい。
 勉強と野球の両方をがんばりたい。
 そんな人に来てもらえるような広報活動を続けていく必要を
 さらに考えさせられました。
 部員が多いのは多いなりの苦労があるのだと思いますが、
 公立高校も負けてられません。
 今年度も前年度同様に皆さんとお会いする機会を増やしていきます。

 3つ目は指導者の方の指導観です。
 深く考えられている指導者の方のチームは選手もよく考えています。
 ここに公立や私立は関係なく試合後の会話でもまた学びがある。
 転勤で新しい学校で指導を始められた先生は生徒の野球への
 理解度に愕然としたそうです。
 ここは指導者の責任。
 生徒は野球が好きで、野球をやりたくて高校野球の世界に
 飛び込んできたのだから
 様々な知識や考えなども含めた素晴らしい「サービス」を
 提供しなければならないですね。
 気合いと根性は確実に必要です。
 それがないと勝てないと思います。
 でも気合いと根性だけでも勝てない。
 そんなことを学ばせてもらいました。
 私の心の中には元彦根東高校村中先生の
 「野球をしっかり教える指導者になれ!」の言葉がいつもあります。

 さて、試合の方は相変わらず攻撃力はあるものの
 試合を作るというレベルには到達しません。
 9回終了時点で相手より1点でも多く得点していて勝ちを
 めざすというスポーツである以上
 見立ての中で試合を進め、逆算でゲームメイクしていくのが
 野球なのですがこれができません。
 後1歩先に進んだ野球こそが本当に楽しいもので
 そこを体験してもらいたいと思っているのですが…。
 現状を打破するのは学年力も大いに関係するので
 明日から取り組んでもらいます。

 明日から仮入部。
 遅くとも週明けには新入部員76期生の人数も確定するでしょう。
 総勢何人のチームになるのか。
 増えれば増えるほどチームの一体感は難しいのですが、
 増えれば増えるほどチーム力は高くなる可能性は増えます。
 楽しみです。

お知らせ

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2021/04/11 (Sun) 17:45:45
仮入部に関してお知らせします。

 寝屋川高校では明日から仮入部が始まります。
 野球部としては12日(月)13日(火)16日(金)を予定しています。
 (13日などは天気が悪いかもしれません。)

 ユニフォームがある人はユニフォーム。
 なければ体操服などに着替えてバックネット裏に来てください。
 マネージャーはもちろん体操服です。

 76期生のゲームもすでに組んでいます。
 試合には必ず出場してもらい、
 試合の中でたくさんのことを経験し学んでもらいます。
 試合に出ないということは基本的にはありません。

 野球技術のうまさや、これまでの経験や実績は一切問いません。
 入部条件は野球が好きなことだけです。
 ぜひお越しください。

 入部を決めている人はいつ入部届を提出してくれても構いません。

 みんなに会えるのを楽しみにしています。

お知らせ

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2021/04/10 (Sat) 07:16:53
お知らせします。

 10日(土)と11日(日)の練習試合は両日ともに観戦不可で
 無観客試合となっています。

よろしくお願いします。