(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

予定

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/12/09 (Sun) 21:39:16
予定をお知らせします。
 
 12月10日(月) 全体練習なし
 12月11日(火) 朝・昼休み・放課後校内にて練習 
 12月12日(水) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 12月13日(木) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 12月14日(金) 全体練習なし
 12月15日(土) 土曜講習日につき午後校内にて練習
 12月16日(日) 全日校内にて練習

 となっています。

 修学旅行から帰ってきた2年生も含めて
 本日から練習が本格的に再開しました。

 練習の最初はミーティング。チームの方向性の確認を行いました。
 2時間半程度の長い時間になりましたがとても重要な時間でした。
 私自身にとってテスト期間には様々なことを学ぶ時間になり、
 その中でも特に組織論がとても印象に残っています。
 「よい組織とは何か?」という質問の第一の答えは
 「各メンバーのモチベーションのレベルが高いこと。」
 そしてそのモチベーションをいかに持続させるのかが
 組織としてかなり重要なことのようです。
 「行動をおこなさないとこうなってしまう」という
 ネガティブな感情によってモチベーションを持続していくことは
 強いストレスを感じるため大変なことのようで、
 長期的にモチベーションを保つためには
 「こうなりたい」というようなポジティブイメージを
 描くことが効果的だそうです。

 ということでいかにモチベーションを高め、それを維持するのか。
 お世話になっているメンタルトレーナーの方の助言もあって
 ミーティングのテーマは「どんな野球がカッコいいか」。
 一人一人の発表から班でまとめて各班がプレゼン。
 チームの目指す方向性がはっきりしました。
 共通の方向性にできればチームワークと一体感が生まれそうです。
 勝つことよりも勝ち方にこだわる。
 今までいっていた結果思考より行動思考の具体化ができました。
 なにより「カッコいい野球」というプラスイメージを考えた
 ミーティングはとてもワクワクする幸せな時間でした。
 今日から「寝屋川野球」という「ブランド」の作成に取りかかります。

 一つおもしろい考え方に出会いました。
 成功率1%のことに挑戦するとします。
 成功率1%ということは失敗率99%。ほとんど成功しません。
 一度失敗したことをもう一度チャレンジすると
 99%?99%=98.01%となり、成功率は2%上がります。
 同じように3回目のチャレンジの場合
 98.01%?99%=97.0299%で成功率は3%に上昇。
 以後挑戦すればするほど成功率は上がり、
 50回挑戦すると成功率は39.4994%と3分に1以上、
 100回挑戦すると成功率は63.3968%で3分の2以上にまで上がり、
 459回目の挑戦での失敗率はわずか1%。
 逆に成功率は99%となるそうです。
 期待値の観点からいくと少し??な部分もありますが
 おもしろい物事の考え方と思いませんか?
 今日のミーティングでも「質か量か」という話が少し出ましたが、
 決して相反するものではない、反比例の関係ではないことを
 会話を通じて考えてもらいました。
 質の悪い練習って何?その反対の質のいい練習をすると量が確保できない?
 量が大切。質が大切。実はどちらでもなく量も質も大切。
 一番大切なことは質を維持しつつ量を確保すること。
 そしてそれはみんなで確認したカッコいい野球のため。
 これからのチームの行動基準はその行動は
 みんなにとってカッコいいかどうかです。
 自分たちの野球は自分たちで作っていく。
 そしてそれは勉強も頑張る公立高校の野球のモデルになれば
 最高に嬉しいです。

 本日栄養調査の結果を配布しました。
 詳細なデータをいただいましたが、
 やはり注目してほしいのは摂取カロリー。
 高校野球の選手は一日5500キロカロリーが必要。
 と書かれているサイトもあるほどです。
 ( https://sportsnomori.com/nutrition/highschool-baseball.html )
 明後日改めて講習を受けて再度調査があります。
 今回は単なる日常の食事の調査でした。
 次回は意図的に食事をとってもらいそれが何カロリーになるのか。
 私学に戦うにはどれだけ食事を意識しないと行けないのかを
 自分で感じてもらいます。

 「失敗は成功のもと」ではなくて「成功は失敗のもと」。
 平成30年はある程度充実の時間だったからこそ
 平成31年はさらなる成長にする必要がありチーム改革に取り組んでいます。
 今年のメンバーだかこそできる野球。
 今年のメンバーでないとできない野球。
 来年は大きな変化の年。色々とチャレンジしていきます。

予定

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/12/02 (Sun) 17:53:48
予定をお知らせします。
 
 12月3日(月) 考査期間につき全体練習なし
 12月4日(火) 考査期間につき全体練習なし 
 12月5日(水) 考査期間につき全体練習なし
 12月6日(木) 考査期間につき全体練習なし
 12月7日(金) 考査終了後校内にて練習
 12月8日(土) 全日校内にて練習
 12月9日(日) 全日校内にて練習

 となっています。

 この1週間チーム全体での練習はありませんでした。
 来週は2年生は修学旅行。
 海外(ベトナム)と国内(東京)に分かれての旅行です。
 1・3年生は後期中間考査。
 生徒は忙しい1週間になりそうで、指導者はもう1週間勉強します。

 この1週間は多くの方と話する機会を増やし、多くの学びがある期間でした。
 大学の他のスポーツの監督の方、メンタルトレーナーの先生、
 OGのマネージャー・・・全ての方との会話は
 私にとって有意義であり学びの時間となりました。

 「笑顔を大切に、すごいことをやろう」
 それが今年の私が目指すところであり、そのことが可能になれば
 互いに切磋琢磨しながら失敗をカバーし合える
 「強く優しい」組織ができあがり、自ずとケタ違いのチームを実現できる。
 しかもその笑顔は笑顔を作ることを目標とするのではなく
 心底その場所を楽しんで自然と出たもの。
 「笑顔!」の声が出るのではなく、その場を楽しんでいる。
  そういうチームの完成を目指しています。

 目標に向けて選手・マネージャーを強く動機づける力。
 彼らに野球を好きにさせ、やる気を出させる牽引力。
 より平たく言えば、全員がワクワクと楽しく意気揚々とした
 気持ちで取り組める心的な環境作り。
 そんな力を指導者として身につけたい。
 そう強く考える期間になりました。

 「好き」は興味の始まり、学びの動機となる大切なもの。
 だから部活動や教育において子どもたちの「好き」を
 親や教師が絶対に妨害しないことが大切。
 とにかく野球が好きでたまらない。
 そう思ってもらう引き出しは今までも数多く渡してきたつもりで
 ある程度は野球の奥深さも伝えてきたつもりでしたが、
 練習の組み立てや言葉かけとチームとの距離感を
 さらに経験だけではなく根拠あるものにできるよう
 次の1週間も学んでいきます。

 先ほどまで全日本大学アメリカンフットボール選手権
 西日本代表校決定戦『WESTERN JAPAN BOWL』の
 関西学院大学と立命館大学の試合を見ていました。
 試合終了後の関西学院大学ファイターズの
 ハドルでのチームの姿勢。
 本当に羨ましいものでした。
 指導者の方のチームビルディングの深さを感じました。
 学びに行ってみたいです。

Re: 予定

  • PPP
  • 2018/12/03 (Mon) 15:36:26
大学のアメフト見てました。高校野球の大逆転を見た気がします。最後のフィールドゴールしっかり決めきる選手の強さを感じました。夏に向けてそんな粘りのあるチームへの成長を期待しています。

PPP様

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/12/03 (Mon) 15:55:28
書き込みありがとうございます。しびれる展開でした。
第4Qに入ってから立命館のインターセプトからのフィールドゴール。
ワンプレーでは終わらない状況になっても
関西学院はしっかり攻めていました。

最後の逆転の直前には立命館がタイムアウトを取り
やれることはすべてやって勝負を決する。
そんな熱い気持ちを感じました。

そして最後のフィールドゴール成功の瞬間の関西学院鳥内秀晃監督は
そのプレー一喜一憂することなく誰かに大声で指示を出していました。
どんな気持ちでそのキックを見て、成功の後はどんな気持ちだったのか。
そしてあの大声の指示は何だったのか。

「四つもターンオーバーしてて、よう逆転サヨナラできたもんや。
最後まであきらめんと、学生らが自分のやることを
やりきったのが大きいんちゃうかな。
奥野は三つもインターセプトされて、ちょっと調子に乗りすぎや。
ええ勉強になったんちゃう?」

監督自身が強いから選手やチームが強いのでしょう。
私にとってはすごい学びの時間でした。

無題

  • 寝屋川市民
  • 2018/11/30 (Fri) 12:05:49
懐かしい顔を見つけました。これからの活躍にも益々期待します。
https://doshisha-bbc.com/blog/2018/11/2018-1.html

寝屋川市民様

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/11/30 (Fri) 14:39:47
全く気づいていませんでした。
書き込んでいただいて本当にありがとうございます。
卒業生の活躍を知ることは指導者の楽しみの一つです。
関西学生野球連盟という厳しい世界で戦っている彼を
誇りに思い、今後の活躍も祈るばかりです。
来年度も関西学生野球連盟に所属する大学での
硬式野球部への入部もありそうで、
以前に比べても大学で勝負する選手・マネージャーが増えてきました。

先日も地方の大学の硬式野球部監督さんが寝屋川高校に来校され
お話しさせていただく機会がありました。

野球だけでなく嬉しい就職の報告もあります。
全ての卒業生の健康と活躍を祈念しております。

予定

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/11/25 (Sun) 22:11:38
予定をお知らせします。
 
 11月26日(月) 考査期間につき全体練習なし
 11月27日(火) 考査期間につき全体練習なし 
 11月28日(水) 考査期間につき全体練習なし
 11月29日(木) 考査期間につき全体練習なし
 11月30日(金) 考査期間につき全体練習なし
 12月 1日(土) 考査期間につき全体練習なし
 12月 2日(日) 考査期間につき全体練習なし

 となっています。

 考査期間でチームに関する報告はありません。
 来週は早いもので師走になります。
 平成30年度も残り1ヶ月になります。
 全ての物事には終わりがあり、野球ができるのも有限。
 期間があるものだからこそ、できる時には一気に突っ走る。
 そんなことを考えてしまいます。
 普通の指導者が考えないような行動力や発想力を
 持ち合わせていることが大切ではないかと思い、
 時に他府県に練習見学に行き、書籍などから指導者も多くを学びます。
 指導者に成り立ての頃は所謂野球の指導書が中心でした。
 amazonの注文履歴を振り返っても野球に関するものばかり。
 それがここ最近は色々な分野が入ってきて自分でも驚くほどです。
 語弊があるかもしれませんが、
 大げさに言うと教育というものが楽しくなってきました。
 
 私の今週の学びは・・・
 1.成功イメージを持たせる
 2.動きをわかりやすく、手本を示し真似をさせる
 3.プレーのフィニッシュの動作から教える
 4.しばらく見守って、自分で工夫させる
 5.「ゆっくり正確に」→「スピーディーに」
 6.強弱や緩急を教える
 7.動きをサポートする
 8.状況判断できるような練習をしてみる
 9.約束事を守る中で、自分のプレーをしている

 それぞれに注釈はありますが、子供がうまくなるポイントです。

 状況判断ができて、試合での最高のパフォーマンスが
 発揮できれば本物!!
 チャレンジをほめてプロセスを褒めて失敗やミスプレーを
 サポートして、できれば最高の賞賛を!!!

 頑張っている背中を感じることで、同期発火が起こりやすくなり、
 信頼が尊敬に変わる。

 今週のキーワードは「同期発火」でした。

 ( https://style.nikkei.com/article/DGXMZO37584490Z01C18A1000000?channel=DF041220173308 )

 とても興味深く読んだ記事でしたが特に3ページ目には
 現在チームが目指していることに対する
 勇気をもらえる内容でした。

 校内誌を現在編集しているのですが、
 野球部のキャプテンのコメントが嬉しいものでした。
 完成しましたら改めて報告させていただきます。

予定

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/11/18 (Sun) 18:44:26
予定をお知らせします。
 
 10月19日(月) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 10月20日(火) 朝・昼休み・放課後校内にて練習 
 10月21日(水) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 11月22日(木) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 11月23日(金) 考査期間につき全体練習なし
 11月24日(土) 考査期間につき全体練習なし
 11月25日(日) 考査期間につき全体練習なし

 となっています。

 先週は今までとは違うやり方の練習メニューでした。
 特定のメニューに関して条件をクリアした選手のみ課題練習。
 初日はこちらがメニューやクリア条件を与えましたが、
 2日目はメニューやクリア条件全てを各選手が決めて練習に取り組みました。
 とてもいい表情で1週間の練習に取り組めました。
 最終日も含めて少しずつ体力的に苦しいメニューも入ってきましたが、
 歴代の様子と比較してもどの学年にも負けない表情で練習に取り組んでいます。
 完全に歴代最高。
 今後が楽しみです。
 
 今年に入って私個人には不思議なことがありました。
 昨年の冬。
 チーム作りに関して他府県の先生に相談していると、
 「いかに選手をのせるか。チームに勢いをつくるか。
  それに尽きると思います。
  だいたいのチームは指導者自身が自分のチームの勢いを
  消しているように見えます。」
 と言われました。
 選手を乗せて勢いを作る…今まであまり考えなかったので
 とても印象に残っていました。

 秋季大会終了後の10月くらいにはチームの取り組みのことを
 他校の本校OBの先輩に相談しました。
 でてきたアドバイスは基本的には上と同じく
 「いかにその場を楽しませて選手の力以上の力をはっきさせるか」
 他にも数々のアドバイスをいただき1冊の本を紹介してもらいました。
 その本は「予祝のすすめ。前祝いの法則」。
 即日その本を購入してすぐに本を読みました。
 そこには心理学的な話がたくさんあり、そこで私の頭に浮かんだのが
 元本校教員の北口良平氏。
 すぐに北口先生に連絡して直接話させていただきました。
 今でもほぼ毎日連絡を取らせていただきアドバイスをうけています。
 アドバイスの中身は脳科学的な考えを中心に、心理・ビジョン・言葉かけなど。
 そして北口先生から読んだ方がいいということで紹介された本が
 「予祝のすすめ。前祝いの法則」。
 その時は奇妙な繋がりを不思議な感覚で
 ただ何となく感じていました。
 
 そして北口先生との会話の中には脳医学者の林成之先生という
 名前がよくできたことがとても印象に残っていて、
 個人的にお名前をネットで検索し、独学してみたりもしました。

 すると先日有り難いことに書籍の取材依頼がきました。
 取材依頼書の中には「林成之先生の話も交えながら最後のアウトを取るために
 必要なこと・・・を一冊の作品に仕あげたい」とありました。
 北口先生が林成之先生の関係から出版社に紹介してくださったのか…
 と驚くほどの繋がりがここにもありました。

 この1年で色々なことが1本の線で繋がっていきます。
 本当に不思議で仕方ありませんが、
 偶然は必然。必要にベストに起こっている。
 そんな言葉が怖いほど思い出さされるほど
 今私がやるべきこと、学ぶべきことが示されている。
 そんな気持ちで今は勉強しています。

 そんな取り組みが少しは効果が出ているのか、
 勝敗に関してはさほど順調ではないかもしれませんが
 最後にはやってくれるのではないか…
 そんな根拠のない気持ちでいっぱいです。
 例年やり方は様々でもここから春や夏に向けての成長曲線は
 本野球部には驚かされるものが毎年あります。
 昨年も強くなったのはここから。
 今年は今年のやり方で自分たちの努力の正しさを証明する。
 それもチームの目的の一つです。

 追伸
 北口先生が指導の手伝いをされている
 本校男子バスケットボール部は
 本日大阪府公立高校チャンピオン大会にて準決勝に進出。
 公立のトップチームで昨年の優勝校泉北高校に
 互角に戦いながらもいわゆるブザービートの3ポイントで
 68ー71で敗れ公立ベスト4だったそうです。
 それでも西地区では三連覇。
 北口先生が来られてから確実に結果を残しています。
 チームの作り方はやはり大切そうです。

 私が赴任した当時に寝屋川高校はどちらかというと
 女子の部活に元気があり、男子は…な感じでありましたが、
 ここ数年は男子の部活に元気が出てきました。
 赴任当初目指していた一つに近づいています。

予定

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/11/11 (Sun) 20:10:39
予定をお知らせします。
 
 10月12日(月) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 10月13日(火) 朝・昼休み・放課後校内にて練習 
 10月14日(水) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 11月15日(木) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 11月16日(金) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 11月17日(土) 全体練習なし
 11月18日(日) 全体練習なし

 となっています。

 来週末は考査期間として全体の活動はありません。
 来年4月に入学入部予定の大学とのやりとりが予定されています。

 さて先日今年度のオープンスクールがありました。
 学校全体で1042名の申し込みがあり、多くの方に寝屋川高校を
 味わっていただくことができたかと思います。
 どうしても寝屋川高校で野球をやりたい。
 どうしても寝屋川高校で野球部のマネージャーをしたい。
 いつかこんな言葉をいただけるようにがんばろうと思いながら
 本校での指導を始めたことを考えると嬉しいお話を
 たくさんの方とさせていただくことができました。
 練習を見学していただいた方から
 「とてもいい雰囲気で練習していて思わず見入ってしまった。」
 嬉しい言葉をちょうだいしました。
 まだ先ではありますが中学2年生の見学も数件ありました。
 継続して強いチームを作る第一歩は踏み出せているのかもしれません。
 18時完全下校だからこそできる野球がある。
 寝屋川高校だからこそできる野球がある。
 いい記事を見つけました。
 ( http://bunshun.jp/articles/-/7820 )
 私の考えに近く現在の寝屋川高校をイメージしやすいものです
 このような考え方も本校野球部の特長かの1つかと思います。
 一般的には制約と思われることも見る角度を変えると利点になる。
 そんな高校野球は一般的にはどこもやっていなくて本当に楽しいです。
 4月に一緒にできるよう残りの受験期間もがんばってください。

 さて今年の試合は全て終了しました。
 公式戦である下飼手杯には出場できる状況にある
 全ての選手が出場することができました。
 結果は上手くいかなかったですが、
 上手くいかなかったからこそ見つかるものがある。
 それを見つけて冬に入るのと見つけずに冬に入るのは
 全く違います。
 もちろん試合は勝ちたいですが、
 課題を明確にすることも大切でそれぞれがやらなければならないことを
 理解して今後何をどう練習するのかを考えてくれているはずです。

 これから冬に入ります。
 心揺さぶるような目標と成功イメージをまずははっきりさせ
 どんな野球がかっこいいかをイメージできるようにしたい。
 しかもそのイメージは指導者からの押しつけや
 指導者の話を受けてのものではなく自分たちで決める。
 共通の方向性にすることができればチームワークと一体感に繋がる。
 その目標と成功イメージ、共通の方向性のために
 誰が何をしないといけないのか。
 誰が縁の下の力持ちをしないといけないのか。
 そんなことも見えてくるかと思います。
 みんなで共通のかっこいい成功イメージを目指して
 日々練習できれば結果は変わってくるかと思います。
 他の公立高校でも目指したいかっこいい目標になれたら
 公立でも変われると思います。
 何位になる・・・とか、どこに勝つ・・・よりもどんな野球がかっこいいか。
 そうなると負けてもいい野球ができるのですが、
 負けることは本意ではない。
 目指す寝屋川高校の野球をして勝てなかったらそれは本物ではない。
 そんな考え方です。
 今日の野球はかっこよかったか、そこを振り返ってもらえると
 次にも繋がる。
 かっこいい暴れ方をして全国の公立高校の目指す1つに
 なれたら最高です。
 
 そんなことを考えるとわくわくします。
 大人でも夢や目標を考えるとわくわくします。
 冬はそんな下で練習していきたいです。

下飼手杯試合結果

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/11/11 (Sun) 16:47:19
下飼手杯の試合結果をお知らせします。

 寝屋川
 232 04|11
 000 00| 0
 北かわち皐が丘

 寝屋川
 000 013 100|5
 102 000 003|6
 緑風冠

 でした。

 これで今年の大会外試合は全て終了しました。
 最後は全員公式戦に出場することができましたが、
 試合結果は期待するものにはなりませんでした。

 しかしそれぞれ課題を感じることができとかと思います。
 これを冬の糧にしてくれるとこの大会の目標は達成。
 昨年も悔しい敗戦で冬に入れました。
 これからのチームに期待します。

これからも寝屋川高校硬式野球部をよろしくお願いします。

緑風冠高校への車の乗り入れについて

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/11/07 (Wed) 22:13:28
下飼手杯での会場になる緑風冠高校から
車の乗り入れについて以下の連絡が来ました。
原文そのままでお知らせしますのでご不便をおかけしますがご協力下さい。
よろしくお願いします。
____________________________

下飼手杯における駐車スペースについて

 秋冷の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は大変お世話になっております。
 さて、標記の件につきまして本校は現在トイレ改修工事のため、校内の駐車スペースが大変少なくなっております。本校にお越しの際、顧問の先生方の駐車スペースはございますが、保護者の方々に駐車して頂くスペースが確保できません。誠に申し訳ございませんが、保護者の方々におかれましては近隣のコインパーキングを活用いただくようご案内をお願い申し上げます。

平成30年10月23日
大阪府立緑風冠高等学校 硬式野球部

下飼手杯予定

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/11/07 (Wed) 22:12:08
下飼手杯の予定をお知らせします。

 11月11日(日)

 北かわち皐が丘高校   8:45  開始予定

 緑風冠高校       11:00  開始予定

 緑風冠高校で行います。

 ( https://www.osaka-c.ed.jp/ryokufukan/access.html )

 ( 大阪府大東市深野4-12-1 )

 となっています。

 第一試合は準備の関係で試合開始時間が早まることあります。

 ご注意ください。

ご声援よろしくお願いします。

無題

  • 44期生寝屋高OB
  • 2018/11/04 (Sun) 23:08:13
下飼手杯の予定が当初と変わってきているように思うのですが、
今後の日程をお教え頂ければ幸いです。
急ぎませんのでよろしくお願い致します。

44期生寝屋高OB様

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2018/11/05 (Mon) 05:53:10
申し訳ありません。
台風や地震で使えない会場があったり、他校の都合で
発表後に日程が変更されています。

残り2戦は11日(日)8時45分から緑風冠高校です。
詳細は水曜日頃にお知らせします。

Re:

  • 44期生寝屋高OB
  • 2018/11/05 (Mon) 12:14:37
お忙しい中、ご返信ありがとうございます。
また応援に行かせて頂きます。