(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

予定

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2020/07/05 (Sun) 20:46:03
予定をお知らせします。

 7月 6日(月) 放課後校内にて練習
 7月 7日(火) 放課後校内にて練習
 7月 8日(水) 放課後校内にて練習
 7月 9日(木) 放課後校内にて練習
 7月10日(金) 放課後校内にて練習
 7月11日(土) 放課後校内にて練習/1年生保護者向け説明会
 7月12日(日) 午校校外にて練習試合

 となっています。

 火曜から考査1週間前ですが、大会前ということで
 朝練や練習時間を制限し、1年生をのぞいて練習します。

 東京中心にコロナウイルスの観戦者が増えています。
 大阪も3桁とかではないですが増えている、
 嫌な数字が続いているという実感があり心配になります。
 大阪大会もコロナウイルスの感染状況を十分に考慮しながら
 実施することも明言されています。
 改めて一人ひとりが感染拡大防止に向けた行動をお願いいたします。
 大会開催は決定していますが、
 大会が無事に開催されるかはまだわからない。
 みんなで全てのチームが試合できるように
 頑張っていきましょう。
 コロナに関して、実は今が正念場のような気がします。

 75期生21人の入部が決定しました。
 3学年合わせて55人。
 どこの学校も部員集めに苦労している中、本当にありがたいことです。
 夏が終わり1.2年生だけでも43人。
 秋以降も時にはチームを分けて2会場で試合を行い、
 全ての選手とマネージャーに試合の中で学んでもらう機会を
 増やしたいと思います。
 
 ( https://drive.google.com/file/d/19T1vHUHafBY9jEiyLYHIDwXbPnZP__e6/view?usp=drivesdk )
 多くの本校卒業生が天ちゃんの愛称で学ばせていただいた
 天岡先生の新聞記事を紹介します。
 卒業生の皆さん、懐かしいですよね。
 多くの卒業生に天岡先生との思い出があるはずです。
 私自身も入学時の自分の学年の学年主任であり体育を学び、
 教員になってからも最大の応援者。
 そして何よりも「寝屋川高校」を学ばせてもらったと思っています。
 寝屋川高校のスクールダイアリー(生徒手帳)にも校歌に並んで
 掲載されている応援歌の記事です。
 どれだけの学校に特定のクラブの応援歌があり、
 さらにその応援歌が生徒手帳に載っているのでしょうか?
 そんな歴史と伝統のある寝屋川高校硬式野球部の75期生として
 入部してくれたみんな、入部してくれてありがとう。
 野球が好きで入部してくれたみんなをより野球好きにして
 引退させることは私の仕事の一つです。
 様々なことを学んでもらい、自分で上手くなってもらう
 そんな独特な寝屋川高校硬式野球部の取り組みを
 楽しみにしておいてください。
 勝てるチームを共に作っていきましょう。
 そして、未来の寝屋高生になる76期生の皆さん。
 公立としては部員数もそれなりにいて、トレーニングルーム、
 4台のマシンと移動式バッティングゲージ、
 そして私学、甲子園出場校も含めた様々な学校との多くの練習試合と
 高校野球の環境はそれなりに整っていること。
 そして18時完全下校も含めて文武両道を
 実践しやすい環境にあることを改めて報告させていただきます。

 今日は紅白戦を実施。
 やはり頭から多くが消えています。
 例えば…今このイニング、今この瞬間のめざすものは何か。
 1点をとるのか2点目を狙いにいくのか。
 1点を防ぐのか2点目を防ぐのか。
 ここをその都度コミュニケーションで確認しながら試合を進めないと
 今何をするべきかが明確にならず行動の指針がはっきりしません。
 ベクトルを揃えることは、弱者の勝利には最低条件です。
 本来なら3月の上旬からこういうことを学んでいくのですが、
 今年はようやく始められました。
 それでも公立の練習試合解禁は来週末。
 1週間早く始められたことはありがたいことで、
 紅白戦ができる人数がいてくれることに感謝しかありません。
 それでも私学同士は今日も練習試合しているようでした。
 負けてられません。

 来週末は約7ヶ月ぶりの対外試合。
 今日の紅白戦の生徒の顔はやはり輝いていました。
 来週の試合でのみんなの顔を見るのを楽しみにしています
 朝からの水抜き、個人練習、午後からの紅白戦とその後の個人練習。
 みんな、野球を好きでいてくれている
 と感じることのできた1日でした。 

お知らせ

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2020/07/03 (Fri) 20:17:41
令和2年大阪府高等学校野球大会の観戦に関する要項は以下の通りです。

 高野連からの連絡は以下の通りです。


 無観客試合を原則とする。
 ただし、当該試合校の部員、付き添い教員、
 並びに3年生部員の保護者の入場を認める。
 なお、3年生部員の保護者については、事前登録制とし、
 部員1名につき保護者は2名以内とする。
 (保護者に該当しない祖父母、兄弟姉妹、その他の者は認めない)。


 会場にお越しいただき声援いただくことはできません。
 OBの皆様をはじめとする、全ての関係者の皆様、
 ご注意ください。

よろしくお願いします。

大阪大会2回戦予定

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2020/07/03 (Fri) 18:19:11
令和2年大阪府高等学校野球大会1回戦の予定をお知らせします。

 1回戦 7月19日(日) 関西大倉高校  11:30  開始予定

 万博記念公園野球場で行います。

 ( https://www.expo70-park.jp/sports/facility/ball-stadium/#caption1 )

 ( 大阪府吹田市千里万博公園3-1 )

ご声援よろしくお願いします。

中学生と保護者、指導者の皆さまへのお知らせ(再掲)

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2020/07/02 (Thu) 21:40:17
お知らせします。

 多くの中学校ではそろそろ定期テストかと思います。
 ここまで話させてもらった多くの中学生や
 本校を希望している中学生はここまでいかがでしょうか?
 この1回で何かが決まるわけではないですが健闘を祈っています。

 中学野球部の顧問の先生や所属されているチームの指導者の方を始めとして
 多くの皆さまに下記の件で問い合わせいただいております。
 感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。
 今年も多くの新入生が入部してくれました。
 来年の今頃、寝屋川高校のユニフォームを着てともに戦ってくれる
 そんな仲間になってくれる選手、マネージャーをお待ちしております。

 引き続き、本校硬式野球部は受験生の皆さんの進路に対する不安を
 少しでも和らげるべく活動しているところです。
 詳細は以下のURLかQRコードのリンクよりご確認ください。
 ( https://drive.google.com/file/d/10ip_I9RMks8vmLXL-AeolYLAwMJOIw5M/view?usp=drivesdk )

 現在の指導体制は以下の通りです。
 
 部 長:竹田新樹
 監 督:達 大輔
 副部長:田頭 修
 副部長:藤井二郎
 コーチ:有岡信一
 コーチ:新納健太
 栄 養 指 導 :大阪市立大学、龍谷大学
 トレーニング指導:大阪教育大学
 メディカル指導 :ダイナミックスポーツ医学研究所

 公立高校ではなかなかない、充実した体制を整えています。
 
 寝屋川高校に勝利を目指す者が集まって、
 国公立大学を目指しながら
 皆で甲子園で勝てる本当の文武両道のチームを作りませんか?
 
 そんなチームは魅力いっぱいでかっこいいですよね。
 現在の学力は全く問いません。勝負はこれからです。
 その為のきっかけになるような話をさせていただきます。
 いつでも下記のアドレスにメールにて連絡してください。

 公立高校でもやれるということを共に証明していきましょう。 

大阪府立寝屋川高等学校
硬式野球部監督 達 大輔
野球部アドレス neyagawa.hs.bbc@gmail.com

予定

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2020/06/28 (Sun) 20:24:06
予定をお知らせします。

 6月29日(火) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 6月30日(水) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 7月 1日(木) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 7月 2日(金) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 7月 3日(土) 朝・放課後校内にて練習
 7月 4日(日) 午後校内にて練習

 となっています。

 71期生のマネージャーや72期生の卒業生が来校してくれました。
 機会があれば最後のミーティングで話してもらっています。
 マネージャーからは
 「勝つために必要なことは信じること。」
 「ここに戻りたいくらい楽しかった。
  何よりもみんなには楽しんでほしい。」
 そんな言葉がありました。
 そして72期生は久しぶりに野球することで野球の楽しさを再認識し
 神戸大学硬式野球部に入部する決意をしてくれました。
 2年連続でチームの中心が入部してくれるという私にとっては
 最高に嬉しい報告もありました。
 また他の卒業生は将来、高校野球の指導者になりたいと
 中学野球チームで指導者として動き出し、
 私にもインタビューしてくれるほどでした。
 指導者に関する質問で改めて考えると私も勉強になる時間でした。
 それぞれの卒業生が次のステージで頑張っているようで
 嬉しい時間がたくさんあったことを報告しておきます。

 さて、学校としての仮入部期間は金曜で終わっています。
 来週前半には本入部が出揃いますので来週末には報告できると思います。
 さらに76期生になるであろう中学生とも話をする機会が増えてきました。
 独特な本校の仕組み、独特な野球部の取り組み、そして入試制度を
 しっかり説明させていただいたうえで本校への気持ちが
 高まってくれれば…と切に願うばかりです。
 今後もどんどん問い合わせしてください。
 いつでもお話しさせていただきます。
 受験生に次の言葉を贈ります。
 「夢は逃げない。逃げているのはいつも自分だ。」
 自分の行動に全て原因がある。
 そこを自律できる人を寝屋川高校硬式野球部はお待ちしています。

 さて、週末の紅白戦に向けて1週間を過ごしましたが、
 残念ながらグラウンド状態不良で中止。
 紅白戦に向けて戦術面で準備してきましたが
 確認できる場面はありませんでした。
 また1週間次の週末の紅白戦に向けて準備していきます。
 大阪で公立が勝つなんて歴史的に見れば不可能に近い。
 不可能を可能にしようとしているわけだから、
 当たり前のことを普通にやっていたら絶対に無理。
 だから相手が引くような気持ち悪さも必要だし、
 他の学校がやらないような徹底力も必要になる。
 チームの作り方、指導者と選手マネージャーとの関係、
 戦術面、練習の組み立て方、試合の進め方など
 他の学校がやらないことに取り組んでもらいます。
 
 短時間練習で結果を出しているチームに共通しているのは
 選手に『主体性』があること。
 そして思考の質で相手を上回ること。
 そして理想のコーチングは「俺が教えた」とは正反対。
 選手自身がコーチに教えられたとは気づかないまま、
 自発的に取り組んでいる状態にしたい。

 自粛期間で抜けかけていることも残り期間で
 完成に近づけていきます。

お知らせとお礼

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2020/06/28 (Sun) 16:03:52
お知らせします。

 昨日、本校硬式野球部保護者会から活動援助金をいただきました。
 このような状況下にも関わらず
 今年度も変わらずご支援いただきまして、本当にありがとうございました。
 大切に使わせていただきます。
 特に最後の大会に3年生が希望のバットを持って打席に立てるように
 道具を購入させていただきます。

 皆様にお知らせすると共にこの場を借りてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

無題

  • 44期生OB
  • 2020/06/23 (Tue) 21:53:18
本当によかったです。
保護者の皆様、おめでとうございます。

私もいつもは観戦に行っていますが
今回は入場できませんので
陰ながら応援させて頂きます。

最後の大会の健闘をお祈りしています!

44期生OB様

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2020/06/24 (Wed) 06:25:59
書き込みありがとうございます。

また前回の書き込みも含めまして、
この件に関して気に掛けていただいていること自体が
関係者にとって嬉しいことです。

この大会がチームにとって、3年生にとって
素晴らしいものになるように指導者一同サポートしていきます。

また今後会場に応援に来ていただける時が来ましたら
喜んでいただけるように頑張ります。
その際はよろしくお願いいたします。

Re: 44期生OB様

  • mg
  • 2020/06/24 (Wed) 12:22:43
良かったですね!あとはプレイで魅せて欲しいです!
あわよくばファンにはそのプレイを動画等で見れたら最高
です。常に楽しみにしてますからね~大阪大会展望号の出版も嘆願したいです。
名門私立、有力公立との戦い方期待してます。正直、大阪で勝ち進む=全国上位です!

mg様

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2020/06/24 (Wed) 18:20:21
書き込みいただきありがとうございます。

他府県もレベルは高く勉強になる学校が多いですが、
大阪には私学の強豪や公立で力のある学校の数は多いですね。
特に北大阪は厳しい戦いになるといつも思っています。
負けないようにがんばります。

さて、ベースボール・マガジン社の
「令和2年度大阪府高等学校野球大会展望号」は7月16日発売されるようです。

無題

  • 寝屋川市民
  • 2020/06/23 (Tue) 20:57:28
おめでとうございます。よかったです。https://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/42125-bsinfo20200618010

寝屋川市民様

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2020/06/23 (Tue) 21:06:53
ありがとうございます。
この書き込みで知りました。

これは保護者の皆様にとって嬉しい変更かと思います。
「チーム寝屋川」は選手マネージャー、指導者、OB、そして保護者の皆様です。
特に保護者の皆様はここまでの生徒の野球人生の
集大成になるかもしれない試合を見ることができないのは
仕方がないとはいえ、辛い決定だったと思います。
小さいときから見てきた集大成はやはり見ていただきたいもの。
私も連盟の方に問い合わせさせていただきましたが、
その時は決定したことです…と言われるだけでした。

この変更は本当にありがたい。
ここまで大阪府高校野球連盟には様々な面でお礼しかありません。
本当にありがとうございます。

3年生保護者の皆様へ
大会ももちろんですが、会場は例年とは違うとはいえ
引退試合も予定しております。
ぜひお越しいただき、これまでを振り返りながら生徒のプレーを
目に焼き付けてください。

残りわずかな期間になりますが、引き続きよろしくお願いいたします。

保護者観戦の件

  • 44期生OB
  • 2020/06/22 (Mon) 20:44:12
会社の同僚から
下記の署名を教えてもらいました。
もしかしたら、既に
寝屋川高校にも直接依頼が来てるかもしれませんが
念の為、
共有できればと思い、書き込みさせて頂きました。

https://oosakayakyuu.crayonsite.com/

44期生OB様

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2020/06/22 (Mon) 21:35:00
書き込みありがとうございます。

学校として、野球部としてこの件に対して動くことはありませんが、
素晴らしい取り組みであり一人でも多くの方に
知っていただきたいものでありますので、
皆さんに見ていただけるようにこの書き込みを
このまま置かせていただきます。

ただ、本校硬式野球部として皆さんに何かをお願いするために
44期生OB様の書き込みを残しているわけではないことは
再度お伝えしておきます。

44期生OB様、ありがとうございました。
本掲示板を通じて一人でも多くの方の目に触れることを
期待しております。

予定

  • 寝屋川高校硬式野球部
  • 2020/06/21 (Sun) 20:17:15
予定をお知らせします。

 6月22日(火) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 6月23日(水) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 6月24日(木) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 6月25日(金) 朝・昼休み・放課後校内にて練習
 6月26日(土) 朝・放課後校内にて練習/新入部員ミーティング
 6月27日(日) 午後校内にて練習

 となっています。

 学校に活気が戻ってきました。
 学校が本来あるべき姿。
 放課後も部活動が始まり、
 新入生はワクワクしながら仮入部で部活動に参加しているようです。

 さて、野球部も本格的に練習を再開しました。
 この1週間は暑熱順化に特化しながらの練習でした。
 トレーニング指導していただいている大阪教育大学の榎木先生の
 アドバイスを参考に持久力アップをターゲットにしました。
 榎木先生は本校の18時下校の現状や練習再開して
 野球をやりたい生徒の気持ちなども考慮していただいたので
 野球をしながら持久力トレーニングの要素を
 入れるメニューを意識してもらいました。
 次の1週間は週末の実戦練習を目指してまた練習していきます。

 土曜から戦術練習も始まりました。
 本入部した新入生だけが練習参加を認められている日でしたので、
 数人の1年生が戦術練習に参加しました。
 新しい知識を学ぶ時はコーチングではなくティーチング。
 一つのことをクリアして初めて次の一つに進めます。
 ここで大切なことは「普通に会話すること」。
 これです。
 わかっていないのにわかっているつもりで話を進める。
 これは最悪です。
 1年生が知っているはずのないことを戦術練習では伝えました。
 

 かつて本校硬式野球部のことを書いていただいたネット記事には
 以下のようにあります。

 「攻撃や守備のサインは、もちろん監督が出す。
  だが、「生徒からの逆サインがあるんです。
  ここで走らせてくれとか」と笑う。
  達監督も、柔軟にそれを受け入れるが、
  その監督と選手の密なコミュニケーションも
  寝屋川の“高偏差値野球”の究極形かもしれない。」
( https://news.yahoo.co.jp/articles/7166730d5bea022b6c6ee3f7ccd30a173200a54a )

 記事の通りです。
 我々はコミュニケーションを重視しています。
 18時下校の学校が
 一方向のコミュニケーションだけなら絶対勝てない。
 「わかりません」と選手が言ってくるから
 それに対してのアドバイスを指導者は選択する。
 違う伝え方を考える。
 その繰り返しでチームは強化されます。
 わかっていないのに「はい!わかりました。」
 と選手が言ってくるからその次の話が始まる。
 パッと見てきれいな返事があり規律を感じられても
 チームは弱体化する。
 いかにコミュニケーションが大切か。
 高校野球の監督と選手の会話でないようなコミュニケーションを
 とれるチームになることは勝つために必要です。
 「はい!」を求めているわけではありません。
 多くの高校の「はい!」は「わかりました」ではなく
 「聞こえました」の意味になっています。
 そこにも他校と戦う上でのチャンスが転がっていて、
 寝屋川は絶対にそうしないということ。
 オープンクエスチョンで会話するようにしています。

 ということでこれからも知らないことをどんどん伝えていきます。
 周りから見てきれいなチームではなく
 しっかり会話して強くなるためのチームを
 みんなで作っていきましょう。

 チームの目的はただ一つ。
 「勝つこと」です。